大阪 HUBでのプチナンパ珍道中

こんにちは、管理人Hです。

この度大阪転勤となりまして、部屋探しに大阪に行ってきました。

 

ついでに大阪にてクラブナンパをしてきたのですが、
今回はその前に立ち寄ったHUBでのちょっとしたお話です。

 

21時頃にホテルにチェックインしましたが、まだクラブに行くには早い時間。
とりあえず大阪の街へ繰り出してみます。

新幹線で調べたところ、大阪はスウィッチバーというお店が一番熱いとのこと。
東京でいう333みたいなお店ですね。
(東京にもあるようです。)

クラブ前に寄ってみようと思いましたが、行列。
人気は本当らしく諦めました。

とりあえず近くのHUBへ。


銀座コリドーのHUBのように外国人ばかりというわけでなく、 20~30代の男女が入り乱れてナンパが横行していました。

東京のハブより女子率は高い印象で、ナンパのハードルは低そうです。

ただ、今日の私は一人。
初めての戦場となる大阪で一人。

誰かを待ってる風にお酒を飲み、ナンパなんて興味ありません感を出していました。
不甲斐ないです…orz

一人で飲みながら観察していた感想ですが、大阪の男のナンパはなんというか勢いだけで、正直少しガッカリしました。

聞いてても面白くないですし、ただ大きな声で気に入ったフレーズを連呼するだけ。
見ていてこいつらには負けないな、と思いました。
(管理人は、紳士的な大人なナンパを信条としています。)


二杯目を注文する際に、後ろに並んだ男性二人組と話してみます。
二人とも東京から旅行で来たそうで、意気投合し一緒にナンパすることに。

ちなみに管理人のナンパ成功のポイントは相方を連れていくこと。
一人の場合は相方を見つける必要がありますのでとりあえずそれはクリアしました。


というわけで、東京から来た二人とナンパスタート。

声かける……ダメ。
声かける……ダメ。

マジか!ちょっとめげました。笑

言い訳にしかなりませんが、二人のうちの一人のナンパスタイルが相当しつこく、ちょっと引いて見てしまったことも原因かと思います。
(これまた管理人のナンパスタイルと合いませんでした。)


そもそもHUBは私の戦場ではございません。
二人にクラブに移動しないか、と提案します。

しかし二人は終電で帰らなければならないらしく、時間もないのでクラブには行かずストリートにする、とのこと。

ここで健闘を祈り、解散となりました。

再度一人となり当初の予定通りクラブへ移動。
続きは以下の記事をご覧ください。

 

souseis.information.jp