投資は社会の動きを知ることである ~仮想通貨への投資から考える投資の意義~

こんにちは、管理人Kです。

 

投資担当の管理人Yの影響を受け、


『仮想通貨』

 

への投資に関心を持っています。

 

一般的には『仮想通貨』というと、

 

  • ネット上でしか使えない無意味なもの
  • 危険で怪しいもの


といったイメージを抱く人も多いと思います。

 

しかし、仮想通貨について真剣に調べてみると、

そうではないことがわかってきます。

 


仮想通貨は「通貨」という名前が付いているため、

円やドルと並列に考えられがちですが、実際にはそうではありません。

 


仮想通貨は実際には社会を変える、

新たな「仕組み」「システム」という表現の方が正しいと思います。

 


円やドルのように決済に使われるだけではなく、

そこに過去の履歴を全て保持させたり、

金額以外の様々な情報を付与するといったことができます。

 


その仕組みを活用すれば、

通貨に返済日を追記することで自動的に契約を履行したり、

不動産の履歴管理、食品の生産者の履歴管理といった使い方ができるようになります。

 

詳細はコチラ

 


もちろんこれはほんの一例にすぎず、ITという特性を生かして、

活用方法は無限に生まれてくるでしょう。

 

 

そういう意味で、仮想通貨は「通貨」ではなく「仕組み」「システム」なのです。

 


かつてインターネットが私たちの生活を劇的に変えたように、

仮想通貨も私たちの生活に大きな影響を与える日が来るのは間違いありません。

 

投機的な目的以上に、そうした社会の趨勢を学ぶためにも、

管理人も少額ながら仮想通貨に投資をしていきたいと思います。

 


もちろん資産形成も投資の重要な目的ですが、

今回のように「社会の動きを知るきっかけ」になる、

というのも投資の重要な一面である、と考えています。

 

そしてそのためにも、

若いうちから投資に触れておくことは有意義なことなのです。

 

souseis.information.jp