20代で始めるべきこと Sousei'sブログ

クライマックスシリーズに批判が多いけど、なんだかんだで日本シリーズが盛り上がっている件について

こんにちは、管理人Kです。

 

今年の日本シリーズは、

 

パ・リーグ王者のソフトバンクホークス

VS

セ・リーグ3位のDeNAベイスターズ

 

という、いびつな戦いになっています。

 

 

現行のルールではクライマックスシリーズ(以下CS)で、

リーグ3位のチームまでが日本シリーズに進出する可能性があります。

 

世間では、これについて批判の声が少なくありません。

 

 

「シーズン中の試合が無意味だ」

 

「金儲けのことしか考えていない」

 

 

たしかに、これらの批判には一理あります。

 

ただ、ふたを開けてみれば今年の日本シリーズはなかなかに盛り上がっています。

 

名実ともに球界最強のソフトバンクに、

若手中心の新進気鋭DeNAが挑む、という構図になっており、

試合自体も初戦の10対1以外は白熱した内容となっています。

 

DeNAファンは喜んでいるのは間違いありませんし、

野球ファンも、結果的には今年の日本シリーズを楽しんでいます。

 

そういう点では、「下剋上」という形がとれるCSも必ずしも悪とは言い切れないと思うのです。

 

 

とはいえ、確かに現状のルールには管理人も批判が残ります。

140試合近くを戦ってきて、その特典がCSのアドバンテージ1勝では空しすぎです。

 

 

そこで、セパ両リーグにあと2チームずつ参戦していただき、

 

セ・リーグA地区(4チーム)

セ・リーグB地区(4チーム)

パ・リーグA地区(4チーム)

パ・リーグB地区(4チーム)

 

の、計16チームによるペナントレースを提案します!!

 

まず各地区での優勝を決め、

その後現行のCSに代わって、リーグ優勝決定戦を行う。

そして最後に日本シリーズを行うのです。

(つまり、メジャーリーグと同じような方式)

 

これならペナントレースの重みも十分加味されます。

 

 

新潟、静岡、四国、南九州あたりから1チームずつ追加でいかがでしょうか。

球団経営ができる体力のある企業はまだまだあると思います。

 

楽天も参戦初年度こそ惨敗でしたが、今では毎年優勝争いをできるようなチームになりました。

 

 

このように、何事も新しく始めたことには批判はつきものです。

 

しかし、なんでも批判するだけでなく、そのメリット、デメリットを考え改善していくことが大切です。

 

そのためにも、まずは何事もとにかく「やってみる」ということが一番大切なことだ、と管理人は考えています。

 

ちなみに管理人はDeNAを応援しています。