20代で始めるべきこと Sousei'sブログ

天皇の退位日が4月30日(即位日が5月1日)に決定。中途半端だと思った人のために、その理由を説明します。

こんにちは、管理人Kです。

 

天皇陛下の退位が2019年4月30日、

そして新天皇の即位が5月1日に決まりました。

 

これを聞いて、

 

「中途半端だな」

 

と思った人も多いのではないでしょうか。

 

シンプルに考えれば、

新年の1月1日から、または、新年度の4月1日から、

というのが一般的な考えだと思います。

 

しかし、あえて5月1日としたのにはれっきとした理由があります。

今回は、その理由を説明していきます。

 

理由① 皇室や政治的行事が少ない

 

年末年始は皇室関連の行事が多く、また2019年4月は地方統一選挙が行われます。

さらに、人事異動なども相まって、霞が関周りはあわただしくなります。

 

天皇の退位及び即位は静かな環境で行われるべき、という意見があることから、

1月1日や4月1日は回避されました。

 

 

理由② システムの切替に適している

 

天皇が退位するということは、元号(今は平成)が切り替わる、ということです。

 

官公庁や企業のシステムでも、未だに和暦を使っているところも多いですので、

そうしたシステムの切替作業が必要となります。

 

4月末~5月頭は大型連休がありますので、

こうしたシステムの切替にはピッタリなのです。

(銀行関係のシステムの入れ替えもよくGWに行われます。)

 

システム関係の仕事の方は、2019年のGWは休みがないと予想されます。

お疲れ様です。

 

 

 

以上2つの理由を掛け合わせた結果、

天皇の退位日は4月30日に定められた、と考えることができます。

 

 

昭和の終わりに生まれ、平成とともに生きてきた自分としては少し寂しいですが、

残りの平成をしっかり楽しみたいと思います。

 

 

あと、別記事で新元号予想なんかも書いていきたいと思います。

それでは。