20代で始めるべきこと Sousei'sブログ

「日本郵便が公道で自動運転の試験を開始」について、管理人は自動運転の普及に「賛成」の立場です。

こんにちは、管理人Kです。

 

先日のAmazon Goに続き、労働の機械による自動化についてです。

 

日本郵便が公道で自動運転の試験を行うというニュース。

www.nikkei.com

 

 

郵便局間の荷物の配達に自動運転車を適用したいとのことですが、実現すれば大きな効果があると思います。

 

 

インターネットの発達により荷物は増加。


一方、少子高齢化により労働力人口は減少。

みずほ総研の調査によれば、2065年には労働力人口が今の6割まで減少するそうです。

少子高齢化で労働力人口は4割減(2017/5/31)

 

 

人手不足の解消には機械の力に頼らざるを得ません。

 

機械でできるところは機械化し、
人間は人間にしかできない仕事に注力する。

 

その結果、労働人口が減っても同じ売上を維持することができれば給与は上がりますし、働くことに対するやりがいも高まるでしょう。


郵便局や鉄道のような公益企業のネックでもある「地方へのサービス」の問題解決にもつながります。

 

 

自動運転には反対の声も多いと思いますが、
科学や技術の進歩に反対はつきものです。


かつては自動車が道を走ることだって大きな反対があったはずです。

 


「危険」とか「人間がダメになる」といった面だけでなく、
視野を広げ、あらゆる側面から考えていかなければならない課題だと思っています。

 


ちなみに管理人は「賛成」です。
手動運転も、自動運転もあった上で、ドライバーが選択すればいいと思っています。


それでは。