20代で始めるべきこと Sousei'sブログ

「ローソンが銀行業界に参入」により、地銀や信金は経営環境がますます厳しくなると思う件

こんにちは、管理人Kです。


コンビニエンスストア大手のローソンが、
「ローソン銀行」として銀行業界に参入するようです。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

コンビニでお金を下ろす時は大体急いでいるので、手数料もあまり気にせず払ってしまうことが多々あります。

 

その手数料を直接ローソンの収入とできるのは大きいでしょう。

 


ローソンにしてみれば、コンビニの地の利&24時間営業を活かし、かつ余剰資金の活用といった形で、会社の基盤をより強化させる一事業という位置付けだと思います。

 

 

が、「銀行」しか事業のない地銀や信用金庫はますます厳しくなってきます。

 

 

わざわざ支店やATMを探さなくても、コンビニにいけばお金を入出金できる。
それも全国共通。

 

また、ネットバンクで振込をしたり、定期預金が作れる。

 

 

こうなると、地銀や信用金庫だけでなく、メガバンクですら使う必要性がなくなってきます。

 


銀行の主な収入源である「融資」についても、
クラウドファンディングソーシャルレンディングなど、インターネットを使った資金調達方法が台頭してきており、そちらのほうが柔軟で便利です。

 


地銀や信金「地域の盟主」というプライドがあるかもしれませんが、
今後は「多角的企業の一事業になってもいい」くらいの柔軟さがないと、存続が危うくなるのではないでしょうか。


それでは。