20代で始めるべきこと Sousei'sブログ

ゴルフ場の倒産が急増しているそうですが、 若者のゴルフ離れ対策として「レンタルクラブ&ハーフプレーの充実」を提案します!

こんにちは、管理人Kです。


2018年に入り、ゴルフ場の倒産が急増しているそうです。

news.yahoo.co.jp

 


今年4月の時点で既に13件、リーマンショック時を上回っているとのこと。

 

この背景には当然「若者のゴルフ離れ」があるわけですが、ゴルフ好きの管理人としても、若者がゴルフを敬遠する理由はよくわかります。

 


まず、初期投資にお金がかかる。

 

ゴルフクラブなどを一式そろえれば5万円くらいはかかりますし、練習にもお金がかかります。プレーフィも決して安くはありません。

 

 

また、基本的に車が無いと不便、ということも大きなネックで、「若者の車離れ」もゴルフ離れを加速させる一因となっているでしょう。

 


娯楽の多様化により「安・近・短」が理想とされる中で、ゴルフは対極に位置するのです。

 


そこで、若者のゴルフ離れ対策として管理人が提案するのが

 

 

「レンタルクラブ&ハーフプレーの充実」

 

 

です。

 


まず「レンタルクラブの充実」ですが、その名の通り、手ぶらでゴルフ場に行き、その場でレンタルしたクラブでプレーをするのです。

 

レンタルクラブがあるゴルフ場も多いと思いますが、なかなか一般的ではないのが現状です。


レンタルクラブが普及すれば「買うのは迷うけど、ちょっとやってみたいな」という初心者が気軽にプレーできますし、荷物が少なくなるので車がなくても、電車やバスでゴルフ場に行くこともできるようになります。

 

GDOや楽天GORAなどの予約サイトで事前に予約できるといいですね。

 

 

そして「ハーフプレー」の充実。

 

18ホールを回るとなると、早くても半日、食事や風呂も入れれば1日かかってしまいます。

 

初心者の場合、ボールが上手く打てず、走り回ることになるわけですから、18ホールも回ったら嫌になってしまいます。


一方でハーフプレーなら、サクッと2時間くらいで回ることができますし、初心者も「ちょっと体験」くらいの気持ちでプレーできます。

 

さらにプレーフィも3,000円くらいに抑えられれば最高です。

 

 


日本においてゴルフをするのは、かつては「ステータスの証」でした。

 

良い車に乗って行き、良いゴルフクラブでプレーし、高級感のあるクラブハウスでのんびり過ごす。

 

ゴルフ場側も「社会的地位の高い人が集まる場所」というプライドが未だに捨てきれないのかもしれません。

 


しかし、ゴルフがオリンピック競技にもなった今こそ、無駄なプライドは捨て、それこそボーリングのように、ゴルフをもっとカジュアルな遊びやレジャーにする努力をすることが、今後のゴルフ人気の維持に必要なのではないでしょうか。


それでは。