20代で始めるべきこと Sousei'sブログ

西野監督の「あえて負ける作戦」を批判する日本人は、 決勝トーナメントの日本戦を見てはいけないと思う。

こんにちは、管理人Kです。

 

現在開催中のロシアワールドカップで、日本代表が見事決勝トーナメント進出を決めました。

 

終戦ポーランド戦では他の試合の結果を見つつ、

 

「このまま何事もなく負けても決勝トーナメントに行ける」

 

という西野監督の判断から、終盤20分は攻めることなく後列でのパス回しを続け、そのまま試合終了。

 

日本は試合に敗れたものの、無事に決勝トーナメント進出となりました。

 

 

当然この「あえて負ける」という選択に国内外から批判が集まっています。(もちろん擁護派もたくさんいます。)

news.yahoo.co.jp

 


管理人はルールに基づいた選択なのでまあ良いと思いますが、「スポーツマンシップ」という点ではしばらく論争が続くでしょう。

 

ここではその是非を語るつもりも、語る知識もありません。

 


ただ、私たちは結果として、

 

決勝トーナメントで戦う日本代表を応援する楽しみ

 

を得たのです。

 


国内でこの戦略を批判している人達は、決勝トーナメントの日本戦は見ないつもりなのでしょうか?

 

きっとそんなことはなく、何だかんだ決勝トーナメントを楽しみにしているはずです。

 

 

海外からの批判は仕方のないものとして受け入れます。

 

 

でもせめて我々日本人は、批判したい気持ちは心の中に留め、純粋に決勝トーナメントで戦う日本代表を応援しましょう!

 

がんばれニッポン!