20代で始めるべきこと Sousei'sブログ

東京医科大学が女子受験者の得点を減点していたそうですが、 やるなら正々堂々とやるべき、と思う件

こんにちは、管理人Kです。


文部科学省局長の汚職による不正入学問題が明らかになった東京医科大学ですが、さらに驚きのニュースが。

 

なんと、一般入試において女子学生の得点を一律に減点し、女子学生の合格者数を抑えていたというのです。(事実確認中)

news.yahoo.co.jp

 

 

裏口入学のほうは少数の話なので管理人はさほど気にしてはいなかったのですが、これは全ての女子生徒に影響があるため、かなりの大問題だと思います。

 

女子学生を減点した理由として、関係者は以下のように語っています。

 

女性医師は結婚や出産による離職率が高く病院での医師不足の原因となるため、女性医師を減らすための『必要悪』、暗黙の了解だった。

 

 

管理人は医療現場で働いているわけではないので、この理由については批判はしません。


「男女差別だ!」という人もいるとは思いますが、事実、現場で働いている人にとってはこういう意見はあるのでしょうし、女性の出産などによる離職率が高いのもまた事実です。

 

それを「女性蔑視」とか「時代錯誤」と批判するのは浅いというか、上っ面です。

 

 

管理人が言いたいのは

 

 

やるなら正々堂々とやれ

 

 

ということ。

 

 

こういうことを裏でコソコソやるからかっこ悪いのであって、最初から正々堂々と


「当大学の方針として、女子学生を減らすために減点します。」


と謳ってから入学者を募るべきでしょう。

 


表向きには通常の試験をやると言っておいて、裏でコソコソズルいことをするのはいただけません。

 

どんな事情があろうとルールはルールであり、それを破っては社会は成り立ちませんし、そのルールに従って頑張ってきた受験生にも失礼です。

人生が変わってしまった人もいるでしょう。

 


あらかじめ正々堂々と「女性は減らす」ことを主張しておけば、あとは受験生がどうするか判断するだけの話です。

 


もし入試要項として男女に差をつけることが許されないのなら、ある時点から「男子大学」にしてしまえばよかったのではないでしょうか

 

女子大もあるし、高校なら女子校、男子校もあるわけで男子大学だけが「男女差別だ!」と言われる筋合いはないはずです。

 

 

今回の件を単に「男女差別だ!」「時代錯誤だ!」で済ますのではなく、医療現場の実態を改善するいいきっかけにしてほしいものです。

 


そして、せっかく現場を正すのが目的だったのなら、コソコソズルいことをせず、正々堂々と。


今回のようにズルいことをして失った信頼は中々回復しません。

逆に信念を持って正々堂々とやれば、一定の人は支持してくれるはずです。

 


それでは。