20代で始めるべきこと Sousei'sブログ

日本のAV女優が良い意味で「素朴すぎる」ことが、 日本のセクハラや痴漢、性犯罪を助長していると思う件 (中瀬のぞみというAV女優の例)

こんにちは、管理人Kです。


今回もAVネタです。(決してAV紹介ブログではありません。)


先日お世話になったのが以下のAV女優さん。

 

サンプル画像は以下からどうぞ。

募集ちゃん 【純度100%】のぞみ 18歳

 

 

 専属では「中瀬のぞみ」という名義で活動していますが、素人として「のぞみ」という名前や、個人配信で「Mio」など様々な名前があるようです。

 

この中瀬のぞみさん、とてもかわいいですが、それ以上に思うのが「普通」「素朴」ということ。

とてもAVに出るような子には見えません。

 


と、これではただのAV紹介ブログになってしまうので、ここからは少しアカデミックに論じていきたいと思います。

 

 

日本のAVは、ここ最近本当にこのような「素朴」な子が多いです。

 

普通に学校にいたり、会社にいたり、むしろ学校では目立たないのでは?と思うくらいの子がAVに出てたりするわけです。

 


管理人はこれが、日本のセクハラや痴漢、性犯罪を助長していると思うのです。

 

 

海外の場合、AV女優、いわゆるポルノスターはキツめのメイクに分かりやすい豊胸など、「いかにも」という感じの人が多いです。

 

どちらかというと、「普通」とか「素朴」とは真逆のイメージです。

 

海外の人はこうしたポルノに触れているため、AVと現実の区別が付きやすくなっているのではないかと思います。

 

ちなみに、欧米では日本のような公共の場での痴漢はほとんどないそうです。

また、セクハラや性犯罪に対する世間の目や罰則も厳しいことが多いです。

 


一方で日本の場合はとにかくAV女優が普通で、身近にいそうな感じなので、延長で電車に乗っている普通の女の子を「性の対象」として見てしまう。

 

「もしかしたらこの子ともムフフなことができるのでは」

 

とよからぬ妄想を抱いてしまって、それがセクハラや痴漢、性犯罪につながっている可能性もあるのではないでしょうか。

 


だからといってAV女優はもっと派手になれ!とは言いません。

素朴系女子のAV、大歓迎です。

 


我々日本人男性は、AVと現実の区別をつけられる、AVリテラシーを身につけましょう。


それでは。