20代で始めるべきこと Sousei'sブログ

日大アメフト部の内田前監督とコーチが会見。なぜ未だに「かっこいい責任の取り方」をしようとするのか理解に苦しむ。

こんにちは、管理人Kです。

 

ラフプレー問題で話題の日大アメフト部の内田前監督とコーチが会見を行いました。

www.nikkei.com

 

 

が、その内容はひどいもの。

 

コーチは「QBをつぶせ」と言ったことは認めたものの、「けがをさせろ、という意味ではなかった」と言い訳。

 

内田前監督も肝心なところは「覚えていない」と逃げるばかり。

 

 

会見の中で一応謝罪はしたものの、その言い方は、

「指示はしていないが、試合が終わるまでは私の責任。」

というもの。

 

 

 

 

なにかっこつけてんだこのオヤジは。

 

 

 

 

確かに、選手のミスで試合に負けたとして、

「選手を起用したのは私ですから、負けたのは私の責任です。」

というのはかっこいい責任の取り方です。

 

 

でも今回のは明らかにあなたの指示で起きたこと。

 

仮に認識の齟齬があったとしても、そう思われる言い方をしたのであればその時点であなたの責任なのです。

 

それを

「(悪いのは選手だが)監督である私が責任を取ります(キリッ)」

みたいにかっこつけるのが非常にイライラします。

 

 

何回かアメフト問題について書きましたが、問題の根源はどこなのか、ほぼ全容が明らかになったのでこれでやめにしたいと思います。

 

 

それでは。